いいお湯でした。 課長がゲームする、まんまCXな映画 忍者ブログ
思ったことや展示のお知らせ

『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』

レイトショーで見てきました。
バラエティ番組の映画化ってどんなの?って思ってたんですが、バラエティ番組の映画はバラエティ番組でした。いやすごい!映画館でゲームセンターCXが見れるなんて!!
もっとこう人がわんさかいる中で見れたらよかったです。ぼくの他にお客はファミリーが一組だけだったので一体感には欠けました。
それでも有野課長のゲームプレイにはハラハラさせられっぱなし!家で見るゲームセンターCXの何倍もの興奮がありましたよ。

映画は有野課長がただただゲームをするバラエティパートと、中学生のダイスケが主人公の映画パートが交互に展開します。ダイスケの方はマイティボンジャックが発売された1986年が舞台。憧れのクミコにマイティボンジャックを貸す約束をしてたんだけど、ソフトを不良に取られて頑張って取り返しにいくっていうもの。

予告見た感じではなんで分けてんの?って思ってたんですが、いい具合に仕上げてくれていました。80年代、中二感出まくりの映画パート、良かったです。「クラスでは女子には興味がないキャラで通ってる」って自分で勝手に思ってるダイスケににやにやしてしまいます。

ぼくはマイティボンジャックの時代には産まれてないスーファミ世代ですがレトロゲームの興奮ってやっぱいいですよねぇ。
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 131  130  129  128  127  126  125  124  123  122  121 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
絵を描いたり絵本を作ったり。映画が好きでよく見ています。
好きな食べ物は焼きそばとお好み焼き。
絵のお仕事、随時受け付けております。
nagasetairi(a)gmail.com
【ホームページ】
【ツイッター】
【映画ノートblog】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]