いいお湯でした。 映画:ブレードランナー 忍者ブログ
思ったことや展示のお知らせ


最近は映画を見てると途中で眠たくなってしまって困ります。

眠たくなる空気を出されてしまうと完全にアウト。
アクションシーンですら眠気を誘います。

この「ブレードランナー」もですが、
なにかと評価されてる映画を見てみると
やけに眠たく感じてしまうのはなぜでしょう…。

眠い映画は評価されやすいのか?
昔の映画だから眠いのでしょうか?
ただぼくが疲れてるだけでしょうか…

今まででとくに眠かった映画は「タクシードライバー」です。
おもしろいんだけど眠い。やたらに眠い!
冒頭からBGMで眠気を誘い込みすぎ映画に決定!

ブレードランナーも眠いけどおもしろくなかった訳ではありません。
この絵はレプリカント(人造人間)のプリスが、沸騰したお湯の中から素手でゆで卵を取るどや顔シーンです。
絵にはしませんでしたが、ラスボスとのおいかけっこシーンはなかなか衝撃的でした。


ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 88  87  86  85  82  81  80  79  78  77  76 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
絵を描いたり絵本を作ったり。映画が好きでよく見ています。
好きな食べ物は焼きそばとお好み焼き。
絵のお仕事、随時受け付けております。
nagasetairi(a)gmail.com
【ホームページ】
【ツイッター】
【映画ノートblog】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]