いいお湯でした。 2001年の宇宙を旅する映画 忍者ブログ
思ったことや展示のお知らせ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



宇宙へ行きたい。
月へ行きたいとまでは言わないからせめて無重力だけでも体験したいものです。

2001年宇宙の旅が公開された1968年から2001年まで33年、
今の2011までは43年です。
アポロ計画からそれだけ経ってる今、民間人で宇宙行くのはまだまだ困難なんだし
もうあと40年か50年経つ頃には、ばんばん宇宙旅行できてもいいんじゃないでしょうか。
というか行かせてくれ。じゃなきゃ死ぬ(寿命で)。

僕が小学生の頃、"家族でサイパンへ旅行に行って来た"という金持ちの子がいましたが
そんな感じに『"家族で宇宙行ってきたぜー"というムカつく奴が学年に1人いる』
くらいの時代になってればいいんじゃないでしょうか。
格安スペースチケットとか販売しててくれ。

よくテレビでやってる無重力体験(ジェット機で急上昇して急下降するやつ)
って無重力でいられるのはせいぜい20秒くらいじゃないですか。
あんなのを"宇宙体験"と呼ぶには少し疑問を感じますが
その無重力の時間を"4分間"続けていられる計画が進んでるらしいです。
無重力を4分だなんて結構長いですよ。夢ありますよ。
まぁもちろん高額ですけどね。

『スペースシップツー』という乗り物に乗って行くんですけど
サイトのQ&A見たら日本人申込者の平均年齢が60歳で、
申込者の半分が企業の経営者らしいです。
宇宙旅行は社長の道楽でしょうか。
いや、あとの半分はなんらかの金持ち。
なんらかの金持ちにさえなれば宇宙へ行ける!
なんらかの金持ちにさえなれば宇宙へ行ける!!


2001年宇宙の旅 [DVD]
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 53  52  51  50  46  47  44  42  40  39  38 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
1988年生まれ
映画が好きでよく見ています。好きな食べ物:焼きそば,お好み焼き。
絵のお仕事、随時受け付けております。
nagasetairi☆gmail.com
【ホームページ】
【ツイッター】
【映画ノート】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]