いいお湯でした。 王様が頑張ってスピーチする映画 忍者ブログ
思ったことや展示のお知らせ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『英国王のスピーチ』The King's Speech/2010/イギリス,オーストリア

イギリス王の歴史について全く詳しくありませんが
映画はおもしろかったです。

主人公で吃音症のジョージ6世がヒトラーの演説映像を見て
「何言ってるか分かんないけど、演説は上手い」
と言うシーンが好き。
今思えばそっちを絵にすればよかったな…
人前ですらすら喋れるってのはいいですよね。

絵はイギリス王に即位する前のジョージ6世が初めて吃音の治療を受けるシーン。
音楽で耳を塞がれ、ハムレットを朗読させられてます。
左の人物が主人公のジョージ6世(コリン・ファース)であって
決して船越英一郎さんではありません。



英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 101  100  99  98  96  95  94  93  92  91  90 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
1988年生まれ
映画が好きでよく見ています。好きな食べ物:焼きそば,お好み焼き。
絵のお仕事、随時受け付けております。
nagasetairi☆gmail.com
【ホームページ】
【ツイッター】
【映画ノート】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]